膜蛋白質の探求

分子細胞情報学のホームページへようこそ!

現在の分子細胞情報学研究室は,科学技術振興機構のERATO “岩田ヒト膜受容体構造プロジェクト” を母体に,2007年に発足しました。それまでも川崎のレンタルラボで独立のオペレーションを行ってきましたが、京都大学に移転するにあたり,医学の進歩に役立つ生命現象理解に重点をおき研究を進める方針をたてました。

生体の恒常性維持や病態発生といった医学的にも重要なさまざまな生命現象の素過程は,微視的には生体分子の「かたち」や分子間相互作用という物理量を基盤として成り立っています。当研究室では,種々のヒト疾患の発症機構に関わりかつ多くの医薬品の作用点となっている膜タンパク質やその複合体を主な対象とし,主にX線結晶構造解析手法を用いて構造解析研究を進めています。解析した構造を元に,計算機を用いた新規医薬品の合理的な分子設計・探索,分子構造の動きのシミュレーションなどの研究にも意欲的に取り組んでいます。また,多くの共同研究者と共にタンパク質の機能解析を行うことにより,物質構造科学の立場から細胞機能制御の原理を理解することを目指しています。

さらに,単に構造解析を行うだけでなく,その技術開発にも重点を置いています。抗体フラグメントを用いた膜タンパク質結晶化法の開発や自由電子レーザーを使った新しいX線データ測定方法の開発など,生物から物理にいたるまで幅広い分野で技術開発を進めることで,膜タンパク質構造研究にパラダイムシフトを起こすことを目指しています。そのため理化学研究所やイギリスのダイアモンド放射光施設をはじめとする多くの研究機関と共同で研究を進めています。

得られた成果を広い分野の研究者に還元することを目標として,創薬等支援技術基盤プラットフォームを通して技術支援を行い,また,企業との共同研究を通して基礎技術を実際の創薬に役立てる試みも行っています。今年開始した研究室リトリートも,いずれは国内の膜タンパク構造研究者のフォーラムへと発展させたいと考えており,日本における膜タンパク質構造研究の情報発信の拠点になることを目指しています。

構造生物学は他の生化学的,分子生物学的,物理的な手法等と組み合わせることにより,非常に有効な生命現象理解のためのツールになります。共同研究者として,そして実際に私たちの研究室に参加することで,生命の神秘を分子の目で解き明かしていきませんか?

2013年10月25日
岩田 想


  • 京都大学
  • 京都大学大学院医学研究科・医学部
  • Imperial College London
  • Diamond
  • SACLA
  • SACLA

お知らせ

2016/07/08
野村紀通 助教 が分担執筆した「糖尿病学2016」が出版されました。(刊行によせて)
2016/07/04
総説を更新しました。詳しくはこちら。
2016/07/01
12th International Conference on Biology and Synchrotron Radiation(8/21-24)にて、岩田教授が講演します。
2016/06/20
創薬支援技術プラットフォームニュース(メールマガジン)に、小林准教授のインタビュー記事が掲載されました。
2016/06/15
平成28年度 日本農芸化学会 東北支部シンポジウム(7/9)にて、岩田教授が講演します。
2016/05/24
第16回日本蛋白質科学会(6/7-9)にて、島村特定講師が講演します(2WB-04)。寿野研究員らがポスター発表をします(3P-030)。
2016/05/17
豊田研究員らが、GPCR研究会にて松尾研究奨励賞を受賞しました。
ポスタータイトル「抗体を用いたプロスタグランジン受容体のX線結晶構造解析」
2016/04/27
研究業績を更新しました。詳しくはこちら。
2016/04/06
ギャラリーを更新しました。詳しくはこちら。
2016/04/01
2016千里ライフサイエンスシンポジウムにおける岩田教授の講演動画が公開されています。詳しくはこちら。
岩田研の出張リポート          一覧を読む

お問い合わせ

分子生体統御学講座 分子細胞情報学分野

〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町

TEL
:075-753-4372
FAX
:075-753-4660
e-mail
:s.iwata[@]mfour.med.kyoto-u.ac.jp

※カッコを外し、半角英数に修正してから、
ご使用下さい。